このご時世、給与もそこまで高くなく、生活費なども出費の部分を考えるとなかなか補う事も難しく、家賃が払えなくなりそうになったことがございます。

借金もあった為、これ以上の貸しいれは出来ないとなった時、助けてくれたのは両親でした。


正直な所、自分の恥をさらしてしまう形になるので、できれば親には話したくはありませんでした。

ですが、友人からお金を借りようとしても友人もそこまで余裕はないですし、副業をしようとしても、会社の規律的な問題、体力的な部分を考えるとリスクが大きすぎて、する事も出来ませんでした。

親に話をすると、一番最初は飽きられてしまいました。

もっと自分の収入に合った生活をしなさい、何にそこまでお金を使っているのかを考え直しなさいと。

それから、自分の身の丈にあった生活をするようになり、そこまでお金に苦しむこともなくなりました。

色々とお金が不足してくる場面は出てくるかと思いますが、友人とのお金の貸し借りは関係を崩してしまう危険性もございますので、まずは両親に相談してみることをお勧めいたします。